頭皮環境を整えるために控えたい事や食べ物は?

健康な髪の毛を維持するためには、頭皮環境を整えることが大切です。

頭皮環境を整えるためには、ヘアケア製品で良い商品を使うということも

大事ですが、それ以上に大切なのが、頭皮環境や髪の毛に悪い食べ物は

摂り過ぎを控えたり、髪にとって良い食べ物を摂ることが大切です。

では、どういう食べ物(食品)が頭皮環境を整えるために摂ってはいけないのか

そして、注意しなければならないことについてみていきたいと思います。

頭皮環境を整えるためにオススメのシャンプー
 
 
 

頭皮環境を整えるために控えたい事や食べ物は?

 
◆塩分の摂り過ぎには注意!

体の中に塩分が増加し過ぎると、高血圧や動脈硬化の原因になってしまいますが、

髪の毛にとっても抜け毛のもとになってしまいます。

アメリカでは、塩分を減らすことで抜け毛の数が減ったという報告もあるんですよ。

減塩醤油や減塩味噌などを使用するなどして、塩分を減らすことを心がけましょう。

食塩は1日に成人男性が9g未満、女性は7.5g未満になるように

心がけていきましょう。
 
 
◆香辛料・嗜好品は適度な量で!

唐辛子・七味・ワサビ・カレー・コーヒーなどを過剰に摂取すると、

フケが多くなったり毛髪の成長を妨げてしまいます。

コーヒーに含まれているカフェインは思考をハッキリさせたり、

疲労を和らげる感じにさせたりする効果がありますが、

飲みすぎると神経を興奮状態にしたり、蓄積された糖分を排出させるので

内分泌系に大きなストレスを与えたりします。

適度に飲むには問題はありませんが、飲み過ぎには注意が必要です。
 
 
◆アルコールの飲み過ぎも要注意!

適量のアルコールは血管を拡張し、血行を良くする働きがあります。

またストレス解消にもなるので、適度に飲むには問題ありません。

しかし、適量を超え度が過ぎた飲酒はビタミンB1の消費を高めるので、

毛髪の成長を妨げてしまいます。

大量の飲酒は万病のもとになりかねませんので、

飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。
 
 
◆タバコはできるだけ控えるように!

食べ物ではないのですが、タバコに含まれるニコチンは、

血管を収縮させて血液循環を悪化させます。

タバコを1本吸うとビタミンCを25㎎消耗され、

ビタミンCが消耗されると必然的に毛細血管が弱っていきます。

ヘビースモーカーは皮膚の水分量が少なくなるので、

皮膚の潤いがなくなってカサカサしてきます。

その結果、肌の状態が悪くなりフケが多くなり抜け毛が多くなる危険性があります。

タバコは毛髪だけでなく、体にも悪影響を及ぼしますので注意しましょう。

タバコはできれば摂らない方が良いのですが、それ以外は適度な量であれば

髪にも健康にも特に問題はありません。

あまり神経質にならず、摂り過ぎに注意するようにしていきましょう
 
 
◆脂っこいものや脂肪の摂り過ぎに要注意!

脂っこいものの摂り過ぎは、血液循環が悪くなるので、

毛髪の成長を妨げてしまいます。

毛穴も粘っこくなるので、脂っぽいフケが毛穴をふさぐ恐れがあります。

また心筋梗塞や脳梗塞などの原因にもなりますので、

脂肪分の摂り過ぎにも注意が必要です。
 
 
◆甘いものの摂り過ぎにも要注意!

甘いものも摂り過ぎてしまうと皮脂の分泌が増えるので、

ニキビやフケの増加につながります。

糖分は肥満の原因にもなります。

適度な量を心がけましょう。
 
 
 

まとめ

 
頭皮環境を整えるために控えたい事や、控えたい食べ物について

見てきました。

ヘアケア製品だけに注意を払うのではなく、日常生活を見直して、

栄養バランスの良い食事、頭皮環境に良い食べ物を積極的に摂り、

規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

頭皮環境を整えるためにオススメのシャンプー
 
 
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ