髪の毛に良い食事や栄養素は?

健康な髪を維持するためにはバランスの良い食事を摂る必要があります。

この「バランス」というのが重要なんですが、なかなか実行するのが大変です^^;)

髪に良いとされる食材をひとつだけ食べていても、効果は期待できません。

あくまでも栄養のバランスが大切です!

季節の旬なものを食べて、好き嫌いなく何でも食べるのが理想といえます。

では、健康な髪を維持するためにはどんな食事や栄養素を摂ればいいのでしょうか。
 
 
 

髪にとって重要な栄養素

 
・たんぱく質
髪はたんぱく質でできているので、良質なたんぱく質を摂ることが必要です。

大豆などの植物性たんぱく質や、肉や魚などの動物性たんぱく質もしっかり摂りましょう。
 

・ミネラル類
亜鉛や鉄分は髪質を守ってくれます。

亜鉛は貝類・ナッツ類・ドライフルーツ小豆・黒豆に多く含まれています。
 

・ビタミン類
ビタミンB群やビチオン(ビタミンH)が重要です。

ビタミンB1やビタミンB6はたんぱく質の代謝に関係してきます。

ビタミンB2は髪の細胞の再生をサポート。
 

・抗酸化成分
体内の活性酸素を減らせば薄毛予防に!

β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEは代表的な抗酸化ビタミン。

トマトに含まれるリコピン、緑茶に含まれるカテキン、ベリー類に含まれる

アントシアニン、大豆のイソフラボン。

これらの抗酸化成分の摂取を心がけましょう。
 
 
 

髪に良い食事を心がけよう

 
◆大豆
髪はたんぱく質で出来ているので、健康な髪の毛を育てるためには、

毛根が必要な栄養素、とくにたんぱく質をたくさん摂ることが必要です。

大豆は畑の肉と言われるほど、良質のたんぱく質が多く含まれています。

大豆には「レシチン」が多く含まれていますが、レシチンには

コレステロールを溶かしたり、動脈硬化を予防する働きがあり

また血行を良くするリノール酸、血流を良くするビタミンE、

毛穴をきれいにするビタミンBなども豊富に含まれています。

健康にはもちろん、髪の健康を維持するために必要な栄養素であふれています。
 

◆黒豆
黒豆の効能には、高血圧や糖尿病を改善に導く働きがあります。

そして「リノレン酸」「ビタミンE」「イソフラボン」が血液をサラサラにする効果も。

コリンは脳や神経の働きを活発にする働き。

「イノシトール」は動脈硬化の予防。

「サポニン」は血流を良くする働き。

病気や老化のもととなる活性酸素を無力化する抗酸化作用があります。

黒豆は上に記したように高血圧や糖尿病を改善させる効能があると言われていますが

抜け毛や白髪を予防する効果があるとも言われています。

血液がドロドロになって頭皮の血行が悪くなると、毛根へ栄養が

いきわたらなくなるので抜け毛や白髪が増えたりします。

でも黒豆を食べることで「リノレン酸」「ビタミンE」「イソフラボン」が

血液をサラサラにしてくれるので頭皮も健康になり、抜け毛や

白髪予防につながります。

また黒豆に含まれている成分である「イノシトール」は育毛効果もあるので

抜け毛や白髪が気になる人は是非黒豆を積極的に摂りいれることをおススメします。
 

◆黒ゴマ
ゴマには髪のツヤを良くするビタミンEが豊富に含まれています。

ゴマに含まれるセサミノールは活性酸素を抑制する抗酸化作用があるので、

髪への健康はもちろん身体にとっても効果的です。

ただ黒ゴマは脂肪分が多いので、1日大さじ1杯までを目安にするのが良いでしょう。
 
 
 

まとめ

 
健康な髪や美しい髪をつくることも、毎日の規則正しい生活や

バランスのとれた食事が基本です。

日々の生活をちょっとだけ見直すことで、髪も健康になります。

毎日の積み重ねを大事にしていきましょう。
 
 
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

このページの先頭へ