haruシャンプーがあわないと思ったら

100%天然由来のシャンプーharu。

でも、haruシャンプーが自分にはあわないと思っている人も

多分いると思います。

haruシャンプーを使っていて、あわないと感じた時の対処方法等を

紹介していきますので、参考にしてください。
 
 
 

haruシャンプーがあわない時のQ&A

 
①髪の毛が絡まってしまう

髪の毛が絡まるのは髪のダメージが原因。
シャンプーをする前に髪をブラッシングすることで、
髪同士のもつれや抜け毛を防ぐことができます。
 

②髪がまとまらない・髪がパサつく

髪が乾燥し過ぎてると髪はまとまりにくくなります。
ドライヤーをかける時は、頭皮を中心に乾かして、8割乾いたら
残りは冷風で仕上げるようにしましょう。
髪にツヤが出る効果があるので、髪の潤いを保つことができます。
 

③頭皮がかゆくなる

かゆみの原因は、シャンプーのすすぎ残しが原因です。
髪の内側や後頭部、耳の後ろなどはすすぎ残しが多い場所なので、
しっかりすすぐようにしましょう。
 

④ニオイが気になる

ニオイは洗い残しやすすぎ残しが原因です。
耳の後ろはすすぎ残しが多い場所なので、念入りにすすぎましょう。
 

⑤フケが出る

フケは頭皮の乾燥が原因です。
シャンプーをする時に力を入れてゴシゴシ洗いをすると、
頭皮が傷ついて乾燥しやすくなります。
爪を立てずに、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。
 

⑥髪がベタつく

髪のベタつきはすすぎ残しが原因です。
髪の内側や後頭部などは、すすぎ残しがないようにシャワーヘッドを
頭皮に近づけるようにして、しっかり洗い流しましょう。
 

⑦泡立ちが悪い

泡立ちが悪いのは、シャンプー前の湯洗いが足りないのが原因です。
シャンプー前にぬるま湯でしっかりすすいで、
髪の毛の長さにあった使用量を守って使う事で泡立ちがよくなります。
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?

haruシャンプーを使っている時に、自分にあわないのでは?

と思った時の対処方法について書いてきました。

haruシャンプーは、正しい使い方をしていけば、

頭皮環境が整って健康な髪が育まれていきます。

自分に合わないな?と思った時の参考になれば嬉しいです。
 
haruシャンプーのレビュー記事はコチラ
 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ