haruシャンプーの洗浄成分ソープナッツを解析してみる

人気のharuシャンプーですが、少し前に実はグレードアップしてるんです。

どういうグレードアップをしたかというと、洗浄成分にソープナッツのエキスが

新たに配合されて、洗浄力がアップしてるんですね。

元々のharuシャンプーの洗浄力もすごかったんですが、

新たに配合されたソープナッツのエキスが、古い角質を柔らかくして、

小さな汚れから大きな汚れまで、しっかり取り除く力を

更にアップさせたという訳なんです。

haruシャンプーに新たに配合されたソープナッツのエキス。

でも、実は私、haruシャンプーを使うまで聞いたことはありませんでした(笑)

洗浄力をアップさせる働きがあるソープナッツとは一体どういうものなのか。

今日はharuシャンプーをパワーアップさせた、ソープナッツについて

解析とまではいきませんが、紹介していきたいと思います。
 
 
 

ソープナッツとは?ソープナッツを解析してみる

 
このソープナッツ、ナッツというぐらいなので木の実なんでしょうけど、

最初に知った時はそういうイメージがなくて「えっ、木の実?」

という感じで、ちょっとビックリしてしまいました(笑)

ソープは日本語で石鹸とか洗剤とかまぁ洗うというような意味ですよね。

ナッツは木の実。(←でもピンときませんでした)

つまり石鹸・洗剤の木の実。

木の実がそのまま洗剤になっているんですが、

amazonでもこのように販売されてるんですね。
↓↓↓

ここにも書いてありますが、木の実がそのまま洗剤になったのがソープナッツなんです。

ソープナッツに含まれる天然の洗浄成分サポニンに汚れを洗い流す働きがあって、

洗濯に使っても生地を傷めることもなく汚れを落として、洗い上がりも

ふんわりと仕上げてくれるということなんです。

天然の洗剤だから、化学成分はもちろん入っていません。

100%天然だから、人にも地球にも優しいので、エコな人の間では

かなり前から人気で評判みたいらしいですね。

 

 

ソープナッツの力、すごいですね~。

私は全然知らなかったので、ホントに勉強になります^^)

やっぱり、使ったあとに自然に還るってのがいいですよね。
 
 
 

ソープナッツの口コミ

 
実際にソープナッツを使っている人の口コミや感想も見てみたのですが、

すごく評判良さそうです。

◆ソープナッツの口コミ・感想

・綺麗に落ちて、洗い上がりもふんわりしています。

・けっこう何度も使えるし、安全安心、捨てる時にも環境を汚さずと、良いこと尽くめです。

・乾いた後の生地も以前よりしっとり柔らかくなり、良い感じです。

・肌への残留をあまり心配しなくて良いので、入浴ができない人の
介護用のシャンプーとして使うのもお勧めです。

・タオル類を洗濯してみましたが、ホントに泡立ち柔軟剤不使用でもふわふわになりました。

・環境にもいいし、木の実は何度も使えるのでこれほどエコな洗剤はないと思います。

・ソープナッツを使うようになってから、柔軟剤を入れなくても ゴワゴワが解消されました。

・地球環境を汚染しない昔ながらの自然の洗剤を探していました。
洗濯物もにおいもなく綺麗に洗えて、乾いた後も繊維がひきつることもなく
ふんわりとした洗いあがりでした。
 
 
ソープナッツの口コミを何点か見てみました。

普通の洗剤とかに慣れていると、泡立ちが良いのが当たり前というのがありますが、

ソープナッツは泡立ちはあまりよくないようですけど、実際にきれいになるみたいですね。

洗濯だけでなく、食器洗いや台所周辺でもきれいになるという口コミも多かったです。

そして100%天然由来ということで、洗剤用途だけでなく、お肌やシャンプーに

使っているという人も実際にたくさんいるようです。

だからharuシャンプーにもこのソープナッツのエキスが配合されているというのが

よくわかりました。

アトピーに悩んでいる人もソープナッツを実際に使ってるという口コミもあったので

ソープナッツがスキンケアにも効果があるということがわかりますよね。
 
 
 

まとめ

 
haruシャンプーに新しく配合されたソープナッツの成分についてみてきました。

◆ソープナッツの特徴
100%天然の洗剤。
自然に優しく人にも優しい洗剤。
汚れはしっかり落として洗い上がりはふんわり。
洗濯洗剤・掃除にも使える。
スキンケアやシャンプーにも使える。
使った後は自然に還る。

ソープナッツの驚きのパワーにホントにビックリです。

そしてこんな素敵な成分が入っているharuシャンプーが、

益々好きになってしまいました^^)
 




 

ソープナッツエキスが配合されているharuシャンプーのレビュー記事はコチラ 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ