髪の乾かし方|ふんわりサラサラに仕上げる方法

皆さんは髪を洗った後は、ドライヤーですぐに髪を乾かしていますか?

ドライヤーを使うより、自然乾燥で髪を乾かす方が髪に良いと

思っている人もいるかもしれませんが、実はこれは間違いなんです。

髪を濡れたままにしておくと、頭皮に雑菌が繁殖して、ニオイがでてしまったり、

逆に髪が傷んでしまう可能性があるんです。

だから髪を洗った後は、そのまま放置せずにドライヤーで

すぐに乾かすことが大切です。

きちんと髪を乾かすことで、髪がふんわりサラサラのツヤのある髪に!

髪の乾かし方ひとつで、驚くほど髪もふんわりサラサラに変わっていきます。

今日はその髪の乾かし方のポイントについて書いていきます。

 

 

髪を乾かす前にタオルドライでダメージを予防する

 
髪は濡れている時が一番弱い状態なんです。

髪が濡れている時に摩擦が起きると、キューティクルが剥がれおちて、

髪内部の水分や栄養分が流れ出てパサパサな状態になってしまいます。

だから髪を洗った後は、タオルでゴシゴシこすったりするのは厳禁です。

ドライヤーをする前のタオルドライでダメージ予防をしてください。

*タオルドライのやり方

髪を洗った後、髪の毛を手で軽く絞り、柔らかいタオルを頭皮にあてて、

軽くおさえるようにして水分を吸い取ります。

時間がある時は、これを4~5回繰り返して、しっかり水分を吸い取ってください。

こうやってタオルドライすることで、髪を傷めずに水分を吸い取ることができます。
 
 
 

仕上がりが変わる髪の乾かし方

 
タオルドライの後は、ドライヤーで乾かします。

ドライヤーで髪を乾かす時のポイントは、

髪を持ち上げながらドライヤーをあてること!

髪を持ち上げて乾かすことで、髪の根元がふんわりと立ち上がります。

この時、ドライヤーは頭から15センチ離してください。

ドライヤーが頭に近いと、熱風で髪の毛を傷めてしまう可能性があります。

15センチ離すことで、髪へのダメージを防ぐことができます。

そして、髪がだいたい8割ぐらい乾いたら、ドライヤーを温風から冷風に切り替えます。

冷風は、ドライヤーの熱で広がってしまったキューティクルをキュッと閉じて、

サラサラツのツヤ髪に仕上げてくれる効果があります。

髪にツヤがないという人は冷風への変更を忘れずに行いましょう。
 
 
 

まとめ

 
ふんわりサラサラのツヤ髪に仕上げる髪の乾かし方について書いてきました。

髪を洗った後は、

①タオルドライで水分をしっかり吸いとります。
②髪を持ち上げながら、ドライヤーをあてます。
*ドライヤーと頭の距離を15センチ取ります。
③8割ぐらい髪が乾いたら、ドライヤーを温風⇒冷風に変更します。

髪を洗ってから乾かすまでの時間が長ければ長いほど、髪にとってはマイナスです。

髪を洗った後は、できるだけ早めに乾かすことを心がけてください。

 
 
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ