酢玉ねぎの効能|ダイエットにも?血圧にも?美肌にも?

今日は健康にとても効能があると言われる酢玉ねぎについて書きます。

40代に突入するとやっぱり健康のことは色々考えるようになります。

特に食事面に関しては塩分控えめだったり、油っこいものは控えようとか、若い時とはどうしても違ってくるようになりましたね^^)

そんな時に、友人から教えてもらったのが「酢玉ねぎ」でした。

「酢玉ねぎ」は玉ねぎとお酢がほぼメイン。

このどこの家庭にでもある玉ねぎとお酢がスゴイパワーを発揮してくれるんです^^)

 

酢玉ねぎの作り方

◆用意する材料
玉ねぎ:1個、塩:小さじ1/2、ハチミツor砂糖:大さじ1/2、酢:適量
*玉ねぎ以外の分量はお好みで増減しても大丈夫です。
*酢はお好みの酢でOK

①玉ねぎを薄くスライスする
②スライスした玉ねぎに塩小さじ1/2をほぐしながら混ぜる
③玉ねぎがしんなりしたら容器に入れる
④ハチミツor砂糖を入れる
⑤酢を玉ねぎがひたひたになるまで入れる
⑥冷暗所に置いて1~2日待つ

これで出来あがり!
出来あがった酢玉ねぎは冷蔵庫で保管し、1~2週間の内に食べましょう。

 

酢玉ねぎの効能がスゴイ

◆玉ねぎの効能パワー

玉ねぎには免疫力を高める力や、高血圧・動脈硬化などの成人病対策、美肌・記憶力アップの効能があると言われています。

①免疫力アップ
玉ねぎに含まれるオリゴ糖は腸内フローラで善玉菌を増やしていくから、免疫力がアップしアレルギー症状の改善も期待できます。
オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分程度。
だから血糖値をほとんど上げる恐れがないのが嬉しいポイントです。
花粉症などのアレルギー症状にも効果があるかも^^)

②血液サラサラ
玉ねぎにはアリイン・アリシンなどの玉ねぎ独特の辛味や匂いをもっているイオウ化合物が豊富に含まれています。
このイオウ化合物は血管の内側の壁をしなやかにして血液をサラサラに保つ働きががあります。
玉ねぎを摂ることで高血圧の改善と動脈硬化の予防も期待できます。

③活性酸素を除去して老化防止
玉ねぎの少し黄色がかった白色は「ケセルチン」という色素によるものですが、このケセルチンには強い抗酸化力があり体内で発生した活性酸素を除去してくれます。
細胞が老化する原因の一つには活性酸素による招く酸化があります。
だから抗酸化力のあるケセルチンを摂ることで老化防止が期待できます。
美肌効果や美髪効果が期待できるかも^^)

④海馬を保護して記憶力アップ
玉ねぎに含まれる「ジプロピルトリスルフィド」という香りの成分が、海馬(脳内で記憶を司る器官)を酸化から守る働きをしてくれています。
脳内の海馬に届く抗酸化物質はかなり貴重なので、玉ねぎを摂り続けると記憶力アップが期待できます。

 

◆お酢の効能パワー

お酢は驚くほどの健康効果があります。
これだけの効能がある調味料ってなかなかないのでは?と思ってしまいますね。

①ダイエット効果
お酢にはカラダの代謝をよくして、摂取したエネルギーを効率的に消費させる働きがあります。

②美肌効果
肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを形成してくれるアミノ酸、このアミノ酸がお酢には豊富に含まれています。
また、お酢は血流もよくするので、新陳代謝が良くなるという嬉しいポイントも。

③血糖値が上がりにくい
お酢は胃から腸へ食べ物を送るスピードをゆるめたり、消化酵素を抑えるので腸での糖の吸収がゆっくりになるため、血糖値があがりにくなります。

④カルシウムの吸収力アップ
カルシウムはなかなか摂取しても不足しがちな栄養素ですが、お酢と一緒に摂ることでカルシウムの吸収率がアップします。
女性は閉経後、女性ホルモンの分泌が減るため骨密度が低下して骨粗しょう症になる恐れが高くなります。
アラフィフ世代の女性はカルシウム不足にならないよう、特に注意が必要ですよね。

⑤食欲アップ効果
お酢の酸味や香りは味覚や臭覚を刺激して、脳の摂食中枢に働きかけ、唾液を出させて食欲をアップさせます。
夏バテしたり食欲がない時は、お酢料理を試してみるといいかもしれないですね。

 

 

玉ねぎとお酢の効能をみてきましたが、どうですか?すごくないですか?

玉ねぎとお酢が合体した酢玉ねぎ。

まさにスーパーフードです。

興味が沸いた人は是非、酢玉ねぎを試してみてください。

絶対損はないですよ~。

 

コメントを残す

このページの先頭へ