歯周病の原因 | 体の防御機能との関係

今日は歯周病の原因には体の防御機能が大きく関係しているのか?について書いていきます。

歯周病は、歯と歯茎の間で溜まった菌が繁殖して毒素を出し、その結果歯茎が炎症することによって起こります。

歯と歯茎の間にいる菌は、多かれ少なかれすべての人の口の中にいますが、すべての人が歯周病にかかるわけではありません。

例えばインフルエンザが猛威をふるって流行していても、感染する人もいればもちろん感染しない人もいます。

このように私たちの体には菌を防御する機能が元々備わっているので、歯周病にかかってしまうかどうかは、歯周病菌と歯周病菌から体を守ろうとする防御機能のバランスが重要になります。

 

体の防御機能
口の中の菌の状態 ×

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歯周病を発生しやすい状態に!!

 

体の防御機能 ×
口の中の菌の状態

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歯周病を発生しやすい状態に!!

つまり、体の防御機能を上げると同時に、口の中の環境を清潔に保つことが必要です。

 

体の防御機能を上げるのに必要なこと

歯周病には遺伝的要因が原因となって発症する場合もありますが、体の防御機能の状態、つまり体の健康状態が大きくかかわってくる場合もあります。

この体の防御機能は加齢や生活習慣によって大きく左右します。

体力は年齢を重ねれば重ねるほど、低下していくもの。

これは私も身に染みて感じます。

風邪をひくとなかなか治るのに時間がかかるし、若い時よりも疲れやすくなったと感じます。

また睡眠不足不規則な食生活ストレスなどの要因が原因となることでも体の防御機能は低下していきます。

だから体の防御機能を上げるためにはしっかりと睡眠をとって、バランスのとれた食事を摂ることが大切。

更に食事は良く噛んで食べるようにしましょう。

よく噛んで食べないと、唾液の分泌が少なくなるので菌が繁殖しやすい状態になります。

また喫煙は体の防御機能はもちろん、口の中の状態に対しても悪影響を及ぼす原因になることを覚えていてください。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

歯周病の原因になるものを取り除くことが大切

◆口の中の環境を清潔に

歯磨きで歯と歯茎の間を清掃しましょう。

歯ブラシだけで磨きにくい箇所にはデンタルフロス・歯間ブラシ・液体ハミガキを使用するなどしてケアを!

◆体の防御機能を低下させないこと

規則正しい生活にバランスの良い食事が基本です。

夜更かしも厳禁です!

 

40歳を過ぎると、自分の体をきちんとセルフコントロール出来てる人とそうでない人の差がハッキリと表れてきますよ~^^)

いつまでも若々しくいるために頑張りましょう~♪

 

コメントを残す

このページの先頭へ