ステイホームの楽しみ方をご紹介します。

コーヒー好きな人は是非このドリップ式コーヒーの淹れ方を覚えてご自宅で試してみてくださいね。

ドリップ式コーヒーで自宅でリラックス!

コーヒーの匂いってなんか癒やされますよね~。

こうばしい香りや味わいの深さからコーヒーはとってもリラックス効果が高い飲み物として知られています。

このコーヒーですが、ドリップ式で淹れると更に香りが高くなって美味しくなると言われているんです。

ドリップ式コーヒーの淹れ方をご紹介しますね。

◆準備するもの

ケトル
サーバー
ドリップポット
ドリッパー
ペーパーフィルター
コーヒー粉
専用計量スプーン
*ドリップポットがない場合は、軽量カップや急須などでもOKです。

◎分量:コーヒーカップ4杯分
お湯:600cc(コーヒーカップ1杯を150ccで計算しています)
コーヒー粉:計量スプーン5杯(50~60g)

◆淹れ方

①ケトルでお湯を沸かして、適温(90℃前後)にするため常温のドリップポットへ移します。お湯を熱くしすぎるとコーヒーの苦みや雑味を強めるので注意してください。

②ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、コーヒー粉を入れて、粉が平らになるようドリッパーを軽く揺すります。

③少量のお湯(サーバーに数滴落ちる程度)をドリッパーの中心から100円玉程度の円を描くように真上からゆっくり注ぎます。ペーパーフィルターに直接お湯がかからないよう注意してください。

コーヒーは最初の一滴が一番美味しいと言われています。

④そのまま30~60秒待ちます。この蒸らす時間がコーヒーの味を左右するポイントなのでここは重要なポイントです!

注いだ湯がコーヒー粉全体にいきわたり、粉がふくらみます。これはコーヒー豆に含まれている炭酸ガスか放出されているからなんです。

⑤ペーパーフィルターに直接お湯がかからないように、ドリッパーの中心から外側に向かって、小さな「の」の字を描くように真上から少しずつお湯を注ぎます。コーヒー粉が十分に膨らんだら一旦お湯を注ぐのをやめます。

⑥ドリッパー内の湯量が全体の3分の1まで減ったら、⑤と同じ手順で再びお湯を注ぎます。

⑦サーバーの目盛りを見て、人数分のコーヒーが落ちたらドリッパーをはずし、カップへ注ぎます。カップをあらかじめ温めておくと更に美味しくいただけます。

最後の一滴には雑味が多いため、絶対にサーバーに落とさないようにしましょう

まとめ

ドリップ式コーヒーの淹れ方についてまとめてみました。

少し手間がかかって面倒かもしれませんが、まるでカフェで飲んでいるような美味しいコーヒーが自宅で飲めるようになります^^

ドリップ式コーヒーでステイホームを楽しみましょう。