年を重ねてきたせいか、最近は健康のことが気になってきました。

今日は部分浴の手浴・肘浴の身体への効果について自分なりに調べてことをアウトプットしてみました。

足浴や手浴、肘浴などの部分浴も、普通の入浴と同じように血行を良くしたり、身体を温めるといった効果が期待できます。

またそれぞれの部分によって違った効果も期待できるんです。

手浴の手順と効果

手浴は肩コリや頭痛、鼻づまりに効果が期待できます。

手浴の手順

①洗面器に42~44℃くらいのやや熱めのお湯を入れます。

②手首から先だけを入れて、3~5分程温めます。

爪の生え際にツボがあるので、爪の両端を押しながら手浴をすると、内臓が活性化します。爪の血行も良くなるので指先もキレイになる効果も。

*手浴をするときのポイント

お湯の熱さは、お風呂よりも少し熱いと感じるぐらいの温度にしましょう。

冷え性に悩んでいる人は、入浴前にこの手浴をするとより効果があります。

肘浴の手順と効果

肘浴は肩コリ、疲労回復などに効果が期待できます。

肘浴の手順

①洗面器に42~44℃ぐらいのやや熱めのお湯をいれます。

②肘が洗面器に着くように入れます。肘から上腕の半分ぐらいまで

お湯に浸かるようにして、3~5分程温めます。

*肘浴をするときのポイント

親指と人差し指の間にある合谷(ごうこく)のツボを押しながら肘浴で温めましょう。

目の疲れ・鼻炎・肌荒れなどにも効果があります。

血行を促進するので、腕のだるさや疲れを解消してくれます。

またリラックス効果もあるので、寝る前に肘浴をするのもおススメです。

まとめ

自分の身体の気になる症状に合わせて、入浴だけでなく足浴・手浴・肘浴といった部分浴も是非、取り入れてみてください^^)

洗面器にお気に入りの精油を入れると、アロマテラピー効果も期待できます。

リラックスできるしデトックス効果もアップします。

部分浴でもっと健康になりましょう^^)

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。”