お酒は「百薬の長」と言われていますが、中でも赤ワインは医学的にも健康への効果が認められています。

ワインはフランスでよく飲まれていますよね。

よく赤ワインの効果や効能を話す時に、フランス人は乳脂肪量の消費が多いのに、心臓病が少ないのは赤ワインのおかげという説(フレンチパラドックス)が引用されることがあります。

実際に、赤ワインに含まれるポリフェノールは抗酸化作用が高く、動脈硬化や心臓疾患などの予防になると言われていますが、今日はその赤ワインについて、赤ワインの健康への効果について書いていきます。

赤ワインの健康への効果

 
赤ワインはブドウの皮や種もまるごと製造するので、ブドウに含まれている成分をほとんど赤ワインの中に取り入れています。

*ポリフェノールはブドウの皮や種に多く含まれるため、そのため、ミネラル・ビタミン・ポリフェノールが豊富に含まれているので、抗酸化作用・血圧降下・殺菌作用・抗ガン作用などの健康への効果が期待されます。

そして、悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防します。

ポリフェノールにおいては、ワインに製造される過程で、新たなポリフェノールも生まれるので、その効能も更に大きくなります。

ただ、どんなに健康に良いとされる赤ワインでも、アルコールの摂り過ぎは健康を害します。

適量はワイングラスで1日1杯~2杯が目安となります。

適量の赤ワインを美味しく飲んで、健康年齢を延ばして行きましょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。